« 失くしたネジのその後は | トップページ | 手首の痛さがなくなった »

2004.02.16

HL-EL400を使ってみて

001.jpg
取り付けに困らないライトだが

 夜間のライトとしてCATEYEのHL-EL400を使っている。電球タイプでは電池が早くなくなってしまうので、LEDタイプに注目していたのだが、この製品は高輝度ホワイトLEDを3個使用し、オプティキューブ・レンズテクノロジーにより光の効率を向上させたため、とても明るいとのことだったので買ってみたわけだ。
 実際に使って見ると、近い場所を照らすには明るく感じる。だいたい3メートル以内だ。しかし、5メートル以上先を照らすと、光の輪郭がわからなくなってしまう。
 色も白というより青みがかっているのと、照らす範囲がとてもせまいので、真っ暗な道では道全体を照らし出すことはむずかしい。
 明るい都市部の道であれば、フラッシングライトとして使えるので、そちらの方で使うものかもしれない。
 取り付けはベルトでできるので、かなり太いFrogのハンドルポストにも取り付けられる。現在は、バーエンドバー先端につけているが、ブラケットが両方向へ90度回転できるので、どんな形で取り付けても前を照らすことができるのは便利だ。
 電池は連続点灯で80時間、点滅で160時間持つという。買ってきてから1度も電池を交換していないのはLEDならではのことなのだが、もっと全体を明るく照らしてくれるライトが欲しい。

|

« 失くしたネジのその後は | トップページ | 手首の痛さがなくなった »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/201266

この記事へのトラックバック一覧です: HL-EL400を使ってみて:

« 失くしたネジのその後は | トップページ | 手首の痛さがなくなった »