« BD-Frogの写真 | トップページ | 蛙よ、荷物はどうしよう? »

2003.12.28

多摩川べりで自転車紹介

 ご近所の多摩川サイクリングコースへ行ってみた。ついでに写真も撮ってきたので、各部の説明もしていこう。

031228-001.jpg
うちのFrog全景

 シートポストとハンドルがかなり高い位置にあるのがわかるだろう。FrogをHandybikeに見せる男がワシなのである(笑)。

031228-002.jpg
リコール原因となった後輪

 Frogの出荷停止となった理由は、後輪の強度不足だ。スポークが折れてしまう事故が多発したらしい。そのため、変速機が当初のシマノネクサス3から、SRAMのSPECTRO T3に変更された。シマノは20穴のハブだったので、リムも20穴を使用していたためスポーク数が少なく強度が出せなかったのだ。SRAMは36穴である。これに前輪用の24穴のリムを使って後輪を組んだということだ。ハブには12穴余っている。

031228-003.jpg
チェーンテンショナーは変速機を流用

 折りたたんだときにチェーンがはずれないよう、テンショナーがあるのだが、SUNRACEというアメリカ製のリアディレーラーをそのまま使用している。なんだかもったいない。

031228-004.jpg
シートポスト

 シートポストは2段になっていて、上部と下部でそれぞれ伸縮する。下部には1センチごとに目盛りがあり、上部をめいっぱいのばして、下部を10センチのところにすると、ワシのシートポスト高となる。

031228-005.jpg
前部サスペンション

 前部にあるサスペンションはやわらかめだ。中の黒い部分はゴムではなく発泡素材のようだ。

031228-006.jpg
フレーム中央部

 MADE IN TAIWANのシールが貼ってある。ドイツ仕様も日本仕様も台湾で作られていることに違いはない。

031228-007.jpg
ヘッドチューブのマーク

 r-mのマークは印刷だ。そっけないもんである。

031228-008.jpg
俯瞰してみた

 蛙というより蚊とか、そんな感じがする。小径車なんで、シートポストやハンドルポストが長くなっているのでそう感じるのかな。

010.jpg
前方より

031228-009.jpg
後部より

 兄弟のBD-1に少し似ている? BD-1を候補にしなかったのは、折りたたんだときのサイズ(コインロッカーには入らない)と、泥除けだ。BD-1にも泥除けはあるのだが、1箇所でしかとまらないため、かなりガタガタとしてフレームに当たるのだそうだ。Frogにはステーつきの泥除けが標準でついている。その差は大きい。

|

« BD-Frogの写真 | トップページ | 蛙よ、荷物はどうしよう? »

コメント

私も、折りたたみ自転車(F18カプチーノ/アメ車)での
輪行を楽しんでいます。
勝手ながら、私のブログ(JH2HTQ-Blog)の
「お気に入りBlog」に、貴Blogを掲載しました。
(text end)

投稿: JH2HTQ | 2003.12.28 17:29

JH2HTQさん、コメント、お気に入りブログ登録ありがとうございます。F-18カプチーノで輪行とのことで、いいですね。KHSの車体もまたがったことがありますが、ちょっとサドル高が足りませんでした。
こちらは、輪行用装備はどうする? どこへ行くのか? なんてことの思案をはじめたばかりです。

投稿: 米田裕 | 2003.12.29 01:27

装備品のアイデア、期待しています。
参考にしたい!・・・と思っています。
いつかどこかで、パッタリ遭遇するかも・・・
今後とも、よろしくお願いします。
(text end)

投稿: JH2HTQ | 2003.12.29 16:06

いえいえ、先人の方たちの装備や改造などを参考にさせてもらうつもりですので(^_^)
リアキャリアのある自転車はいいですね。荷物を積むのに悩まないですしね。
世田谷を走られたようですが、当方も環七~環八の間の京王線と小田急線にはさまれた中は、生活圏でしたので、裏道まで自転車でよく走ってました。

投稿: 米田裕 | 2003.12.30 02:22

カプチーノは、全国的に有名な地元名古屋のカトーサイクル
で買い求めました。プジョーにも試乗しましたが、宿泊輪行
のポタリングを目的としていたので、泥除けと荷台が標準
装備で輪行袋をプラスして5万円チョットが魅力的でした。
11リットルのリヤキャリアバッグが搭載可能で宿泊装備を
積んで軽快に走ります。小道具としては、「とほナビ」付き
PHSと国土地理院発行の2万5千分の1の地図を携帯し
迷った時にナビを活用したり、家族と連絡したり、家族は
「いまどこサービス」で私の位置を確認したりします。
中山道や旧東海道は、宿場町の雰囲気を残す家並みが残って
おり、ポタリング・コースとしてお勧めできます。

投稿: JH2HTQ | 2003.12.30 09:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/56335

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川べりで自転車紹介:

« BD-Frogの写真 | トップページ | 蛙よ、荷物はどうしよう? »